自作 太陽光発電に必要な機材は?

太陽光発電 自作


自作する太陽光発電に必要な機材は、シンプルです。

ソーラーパネル、チャージコントローラー、バッテリー、インバーターの4つの機材とそれぞれを繋ぐ接続ケーブルで構成されています。

スポンサードリンク

・ソーラーパネル


自作用のソーラーパネルには、周りにアルミの淵がついているタイプ、折り畳みタイプ、フレキシブルタイプなどがあります。

発電量も一枚5Wから200W位までと多種多様です。設置する場所や目的に応じて選ぶことができます。

「自作太陽光発電のソーラーパネル」の項目もご覧ください。

スポンサードリンク

・チャージコントローラー


チャージコントローラーは充放電コントローラーともよばれています。

ソーラーパネルとバッテリーの間に設置します。役割はバッテリーへの充電電圧の制御や過充電の防止などです。

「自作太陽光発電のチャージコントローラー」の項目もご覧ください。

スポンサードリンク

・バッテリー


バッテリーは、ソーラーパネルで発電された電気を蓄えておく場所です。

バッテリーにも多くの種類がありますが、自作のソーラー発電では「ディープサイクルバッテリー」と呼ばれるバッテリーが使われています。

「自作太陽光発電のバッテリー」の項目もご覧ください。

スポンサードリンク

・インバーター


バッテリーに貯めた電気は直流12Vです。

家庭用電源は、交流100Vなので、このままでは家電製品には使えません。

インバーターは直流12Vを交流100vに変換するための装置です。

通称「インバーター」と呼んでいますが、正しくは「DC-ACインバーター」ということです。

「自作太陽光発電のインバーター」の項目もご覧ください。

スポンサードリンク

・接続ケーブル


ソーラーパネルとチャージコントローラーの接続、チャージコントローラーとバッテリーの接続、バッテリーとインバーターの接続にケーブルを使用しますが、それぞれに適したケーブルがあります。

「自作太陽光発電の接続ケーブル」の項目もご覧ください。

これら4つの機材とそれぞれをつなぐための接続ケーブルで構成されています。

【関連記事】

自作するソーラー発電の仕組み

自作┃太陽光発電は何に使うか? 

自作┃太陽光発電に適したソーラーパネル 

自作┃太陽光発電のチャージコントローラー 

自作┃太陽光発電に適したバッテリー 

自作┃太陽光発電のインバーター 

◆ 自作に役立つ太陽光発電の本

トラブル続出の太陽光発電!?